親になんていえばいい!?介護予防のために外に連れ出すには?

目的を作ってあげよう

いろいろなことがきっかけで親が家にこもりがちになることもあるでしょう。介護予防になるからといって出かけたり、運動したりするように尻をたたいてもそう効果はありません。そもそもすることがないから出かけないだけであって、介護予防が目的となるのではなく、外でやってみたいことをまずは見つけてあげたうえで、一緒にやってあげることが大事でしょう。自分の親であれば親子の長い歴史があるでしょうから記憶をたどって親が好きそうなものを探してみましょう。こうすればというだけでなく、何か本人が興味のわくような目的を作ることが大事ですよ。

サインをキャッチしたらすぐに取り組む

自分の親の性格や好みならある程度は把握できているでしょう。たとえば、足が弱ってしまうから介護予防のために散歩したらと万歩計を渡すだけではなかなか動こうとはしません。一方、甘いものが好きなら、おいしいと評判のケーキ屋さんを見つけたから一緒にいってみないかと言って連れ出してみましょう。うまくいけば次回は新しいケーキ屋さんができたから行ってみたらと、次回よりは少し遠い場所にあるケーキ屋さんに誘導することが大切です。家にこもりがちになって、ボーッとする時間が増えてきたら一刻も早く取り組んでいきましょう。出かけているうちに友達ができたり、新たな目的ができることもあるので社会とのかかわりを希薄にしないことが大切ですよ。

人付き合いが苦手なら

親の中には人づきあいが苦手という人もいるでしょう、いくら近所に趣味のサークルがあるといっても、なかなか参加はしてくれません。そのようなときには、興味を持ちそうなことに目星をつけて、一人では行きづらいから一緒に来てほしいと親を誘い出しましょう。一人で家にいないで友達でもつくったらと言うよりも、料理教室に参加したいから今度付き合ってほしいと言ったほうが親も腰を上げやすいものですよ。通っているうちに気の合う友人でも見つかれば、さらに付き合いも広がるでしょう。いろいろな動作が鈍くなり始めたり、椅子から立ち上がる時に肘受けに手をつくようになってくると弱ってきている証拠なので、放っておかずに上手に外へ連れ出してあげましょう。

介護に就職をするメリットとして、働きながら実務経験を積み重ねることが出来、転職時にも大きな役に立ちます。

言語障害がある人とのコミュニケーション、注意点は?

言語障害ってどういうこと?

重度訪問介護等で、言語障害のある利用者さんとのコミュニケーションが必要な場合があります。言語障害は様々な病気に現れますが、重度訪問介護で接することの多い脳性麻痺を例に取ると、運動障害のためひとつの言葉を言うのに時間がかかったり、発音がはっきりせず言いたいことがうまく伝わらないなどの症状が現れます。まったく発話が出来ず文字盤、キーボード入力すると音声の出る装置でコミュニケーションをする方もいらっしゃいます。

言語に障害のある人の気持ち

まず理解しておくべきことは、言語障害を生まれながらに持つ人は、言いたいことがうまく伝わらない、曲解されて誤解される、発言をスルーされる、わかってもらえないという経験を私たちよりも数多くしている可能性が高いということです。その反面として、理解されたい、スムーズにコミュニケーションしたい、自己表現したいという衝動もかなり高いのではないでしょうか。それだけに、理解されていないという雰囲気には本当に敏感な方が多いです。

何度も、聞き直す勇気を持とう!

まず、わかった振りをすることはなるべく避けなければなりません。言語障害のある方の言葉は聞き取りにくく、何度も聞き返す必要のあることもしばしばです。最初のうちは、「こんなに何度も聞き返すと、気分を害されるんじゃないか。わかった振りをしてスルーした方がよいのでは」と思うこともあると思います。しかし、何度も聞き返されるほうが、スルーされるよりもずっと心証は良いものです。そして、障害のある方は聞き返されるのには慣れています。何度も言葉を発して、確認しあいながら会話を進めていくのは多くの言語障害のある方にとって馴染んだプロセスです。ですので、こちらにも多少の忍耐は必要ですが、失礼に当たるんじゃないかとは思わずに、何度も必要なだけ聞き返して、コミュニケーションをとりましょう。場を重ねるうちに、次第にその人の喋り方に脳が慣れて来て、スムーズに聞き取れるようになってきます。聞き取れなくても、「だんだんわかってくる」という前向きな気持ちで、楽しんで会話をしたいものです。

介護の求人に申し込むには、資格の有無や経験の程度などの点をじっくりと把握することが望ましいといえます。

パチンコ店でのアルバイト!メリットとデメリットとは

パチンコ店アルバイトの仕事内容

求人情報をみてみると、比較的高時給のお仕事としてパチンコ店でのアルバイトがあります。ホールスタッフやカウンタースタッフ、コーヒーレディスタッフなどが記載されています。パチンコ店でのアルバイトは、基本的に接客がメインです。お客さんが快適に遊戯できるように、清掃や台の整備などを行います。また、カウンタースタッフは景品交換も受け付けます。お客さんに不快な思いをさせないよう、元気と笑顔が重要となる仕事といえるでしょう。

パチンコ店アルバイトのデメリット

パチンコ店でのアルバイトにおける最大のデメリットは、働く環境の問題と言えるでしょう。多くの遊戯台からは大きな音や光が放たれています。その遊戯台が100台、200台、多いところでは1000台以上設置されているホールもあります。そのため、常に音と光とたたかうことになります。また、一部店舗をのぞいて、パチンコ店は遊戯をしながらタバコを吸うことが許可されています。そのため、換気が行き届かず、空気が悪いところも多いのです。

パチンコ店アルバイトのメリット

そんなパチンコ店でのアルバイトにも多くのメリットがあります。まずは時給が高いということ。一般的な接客業よりも比較的高時給な場合がほとんどです。また、空気が悪い印象のあるパチンコ店ですが、最近では高機能な空気清浄機が設置されている店舗が多く、そのような問題も改善されつつあります。さらに、玉の持ち運びで腰を痛める人が多いといわれる職種ですが、各台計数機の普及によって身体的な負担も減り、比較的楽になりました。

ドコモの求人は、ドコモショップで働く求人です。覚えることはたくさんありますが、高時給で優遇されています。

一人暮らしならマンスリーマンションがおすすめ!

マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションとは月単位で借りるマンションのことです。元から家具などが設置してあるので気楽に住み始められるのが大きな特徴です。住んでから気に入らなければ引っ越しという手段が簡単に取れます。昨今ではマンスリーマンションが一人暮らしの方に非常に人気になっていますが、その大きな理由の一つが敷金礼金が要らないということがあります。一人暮らしを始めるときは何かとお金がかかりがちなので、マンスリーマンションの存在はとてもありがたいというわけです。

他にもあった!マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションのメリットは他にもたくさんあって、水道光熱費が賃料に含まれます。これで予定外の出費をする心配が無くなります。長期出張にもぴったりです。賃貸は意外と入居審査が厳しかったりしますが、マンスリーマンションならそんなことはありません。入居審査は極めて甘いところが多いのです。立地も優秀な物件が多く、出社も通学も非常にしやすいです。マンスリーで住もうと思っていてもだんだん長期で住むようになる方もいます。

マンスリーマンションの注意点は?

とっても便利なマンスリーマンションですが注意しておくべきこともあります。賃料は住む長さによって変わってくるのですが、数ヶ月しか住まない人にはやや高めになっています。一定期間以上借りる契約を結べば安く住めるのですが、マンスリーの強みであるフットワークに関してはマイナスです。また、入居審査が甘いのは裏を返せば、モラルの低い人居住している恐れがあるということです。マンスリーマンションに入居される時は事前にチェックしておきましょう。

マンスリーマンションは、若い世代の消費者からの人気が高まっており、家賃や敷金のお得な物件の契約件数が増えています。

行動力が求められる!ガソリンスタンドのバイトの内容

アルバイトの基本的な作業について

ガソリンスタンドでアルバイトをすることを考えている方も多いでしょう。高時給で募集している場合もみられ、お小遣い稼ぎには役立つ場所として用いられています。アルバイトの基本的な作業の中にはいくつもの仕事が用意されていますが、その中でも最も基本的な作業には給油を挙げることができるでしょう。お客様の指定しているガソリンの量や、指定した金額によって入れる方法、満タンにすることを希望される方も多いので、間違えることなく作業を進めることが大切でしょう。

洗車を行う仕事内容について

ガソリンスタンドのアルバイトでも、業務範囲は広く用意されていて、給油の他にも洗車を希望される方も多いでしょう。ガソリンスタンドによって違いが生じていますが、洗車機を使って洗う方法では機械の操作を行って、安全を確保することも大切な仕事ですよね。手洗い洗車を受け付けしている場合もあり、常に素早い行動で対応することが求められることになるでしょう。他にもタイヤの空気圧をチェックする作業や、ウォッシャー液などを補充する作業などを担当する場合もあり、スムーズで確実な仕事を遂行することが必要ですよね。

ピットでの作業内容について

アルバイトとしてガソリンスタンドに勤務している方でも、ピット作業を担当する場合もあるでしょう。整備士の資格を有していない方でも業務を行うことが可能な範囲は広く用意されていて、例えばオイル交換を行うような場面もありますよね。お客様が指定したオイルを交換する方法になりますが、一定の知識を得ることで比較的簡単に作業を行うこともできるでしょう。他にはタイヤ交換などを希望されるお客様も多く存在しているので、確実にナットを締めることが大切になり、安全上ミスをしてはならない作業ですよね。

ガソリンスタンドでのバイトを行うことで、明るい接客を身に付けることができ、バイト以外の様々なシーンにおいても役立ちます。

スムーズに職場になじむための第一印象を良くするコツとは?

挨拶は「バカっぽい」くらいでちょうど良い!

アルバイトの勤務初日って、身が引き締まる思いがしますよね。同時に「うまく務まるだろうか」「みんなと馴染めるだろうか」といった不安も、心に見え隠れするかもしれません。スムーズに職場に溶け込むうえで、まず大事になるのが挨拶です。学生時代に体育会系の部活を経験している人なら、元気の良い挨拶に慣れていることでしょう。しかし、そういう経験がない人のなかには、声を出してしっかり挨拶するのが苦手な方もいるかもしれません。「ちょっとバカみたいだな」と思うくらいハキハキと演じるのが、元気の良い挨拶のコツです。一回成功すれば簡単になるので、思い切って元気の良い人になりきってみましょう。

メモをとり、聞き役に徹して、しっかり質問する!

人間は、自分の話をしっかり聞いてくれる人に好印象を抱く傾向があります。ですから、アルバイトの初日にはメモ帳を持参するのがオススメです。同僚や先輩が何かを教えてくれるときは、さっとメモ帳を取り出し、ペンを構えます。これだけで「やる気があるな」という印象を相手に与えることができるので、コストパフォーマンスの高い人間関係のテクニックであるといえるでしょう。また、メモ帳を使うことで、実際に仕事を覚えやすくなるのも見逃せないメリットですね。

最初の失敗は許される!無理のないペースで着実に

最後にちょっとしたウラ技的な考え方をお教えしましょう。多くの人が、できるだけ高い評価を得ようと、初日から仕事をがんばる傾向にあります。しかし、あえて自分にとって無理のないペースに落とすのが、アルバイトの初日の姿勢としてはオススメです。なぜなら、良い所を見せようとして、最初から仕事のクオリティとスピードを求めようとすると、細部がおろそかになったり、先走りすぎて余計なことをしてしまう可能性が高くなるからです。それよりは、仕事を着実にモノにしていき、徐々に成長曲線を上昇させていく方が、結局は長く勤めやすくなります。焦ってばかりいる人よりも落ち着いている人の方が、周囲の人からも好印象を持たれやすくなります。

高時給のバイトでは、短時間でまとまった収入を得ることが可能なので、より効率的に稼ぎたい場合には大変魅力的です。