どっちも大切にしたい!子育て中の仕事について

女性にとっての分かれ道

結婚しても今は共働きする人が増えていますが、妊娠や出産といったものを迎えると、休職や離職をしなければいけなくなります。これは雇用において男女平等となっても、代わってもらうことができません。それゆえ女性にとって妊娠や出産は大きな分かれ道になっていて、悩んでしまう人も多くなっています。出産すればなんとかなる場合がありますが、妊娠中、それも産まれる直前は仕事よりも赤ちゃんを安全に産むことが大切になります。

子育て中の仕事のポイント

出産後にしばらく専業主婦となる人は多いですが、やがて保育園や幼稚園に入ると自由な時間が与えられます。このタイミングで復職する人も多いのですが、まだまだ子育て中の時には働き方を気をつける必要があります。大切なのは仕事の内容よりも時間の融通が利くことで、小さなこどもは病気にかかりやすく、医者に連れて行くなど、休みが必要になる場合もあるのです。そういったことを考えて、子育てに協力的なところを見つけましょう。

子育ては夫婦で行うもの

しかしながら子育てというのは妻が一人で行うものではなく、夫がいるなら協力してもらいましょう。自分一人で行おうとするから大事になってしまうので、夫婦で行えば責任や辛さが半分に、楽しさは倍になってくれます。時間の都合も一人より二人の方が調整しやすくなるので、仕事をするときは必ず話して了承と協力を求めましょう。大切なのは一人で抱え込まず家族で協力すること、子育て中には夫婦の互いの思いやりも必要となるのです。

シングルマザーの仕事はできれば給料のいいところがいいのですが、家事と育児を両立させるにはなかなか厳しいです。