こんなことをすれば良いんだ!飲食店アルバイト

仕事は大きく分けて2種類!

飲食店でのアルバイトは非常に人気です。しかし、どんなことをしているのか分からない人も多いですよね。では実際にはどんな仕事をすれば良いのでしょう。まず、飲食店でのアルバイトは大きく分けて2種類に分かれます。まず一つはホールスタッフです。これはお客様と接する仕事ですね。そして二つめは厨房スタッフです。この仕事はお客様と関わることが少なく、提供する料理を作ることが主な仕事です。どちらも人によって向き不向きがあります。

それぞれの仕事とはどんなものか

ではそれぞれの仕事を細かく見ていきましょう。まずホールスタッフはお客様の案内、オーダーを聞く、料理を運ぶ、会計をする、片付ける、洗い物をするというのが一連の流れになります。しかし、1人でやる訳では無いのでスタッフ同士役割分担をすることも多いです。人と接することが多い為コミュニケーション能力や臨機応変に対応できる力が身につきます。次に厨房スタッフですがこの部門では美味しい料理をどれだけ早く提供できるかということが求められます。

それぞれにメリットがある!

どちらの仕事を選ぼうともメリットがそれぞれにあります。まずホールスタッフの場合は接客が上手くなるということです。これは社会に出てからも必ず役に立ちます。厨房スタッフは言わずもがな料理が上手くなります。これは家庭でも非常に役に立ちますしそこで得た基本的な知識を応用して将来自分の店を構えることも可能です。しかし向き不向きがあることは確かなので自分のやりたい仕事を選ぶことが最も重要です。その仕事で働くことできっと自分の能力を伸ばすことができるでしょう。

工場の求人の魅力は、作業の大半が単純作業のため、未経験でも採用がされやすい点です。また、人と接することが少ないため、コミュニケーション力に自信がない人でも応募しやすいです。