国家資格でもある介護福祉士!その主な仕事内容とは!

介護の基本!身体的お世話!

介護の仕事というと、身体的お世話をイメージする人も多いですよね。もちろん身体的お世話も介護福祉士の大切なお仕事です。主な仕事内容としては、ご飯を食べさせたり入浴のお手伝い、排せつ物の処理や着替えのお手伝いなど、身の回りのお世話を行います。またベッドから車いすへの移動や、自動車への乗り降りなども大切な仕事なんですよ。身体的お世話は介護される人の身体に直に触る為、相手が不快にならないような注意を払いながら行うようにするといいですよね。

不自由なく生活するための生活支援!

介護が必要になった人は、一人では満足に生活することは難しいですよね。その為生活に関するお手伝いをするのも、介護福祉士の大切な仕事なんですよ。では主にどんな仕事をするのかというと、食事の配膳や調理、掃除に洗濯などの家の中で行う家事はもちろんの事、頼まれれば必要なものの買い出しなども行います。ただ掃除の仕方や料理の味付けなど、その家によってやり方が違うので、その点も配慮して行うようにする必要があるんですよ。

精神面や社会との繋がりを作るのも大事な仕事!

介護福祉士の仕事には、介護を受ける人のお世話をするだけではないんですよ。介護を受ける人やその家族の精神面を支えるのも、とても大切なお仕事なんです。普段不満に感じていることや悩んでいることを聞いたりすることはもちろんの事、時にはアドバイスを出したりもするんですよ。そうすることで介護を受ける人や家族が少しでも精神的に安定できるように、日々努力をする必要があるんです。また介護が必要になると外に出る機会も減り、孤独を感じてしまう人も多いんですよ。その為家族や近隣住民と良好な関係を築けるよう、フォローを行うのも介護福祉士の重要な仕事の1つです。

介護の派遣は人材派遣会社から派遣されますので、時給面など、とても良い待遇で働く事が出来るようになっています。