保育士免許を取るには?取得するための二つの方法

保育士養成校を卒業して取得する

厚生労働省が指定する学校を卒業することで、保育士免許を取る方法です。保育士養成校には様々な形があり、「四年制大学」「短期大学」「専門学校」「通信制学校」の四種類あります。このいずれかで勉強をして卒業すれば資格を取得できますが、ここで注意しなければいけないことが一つ。それは、「本当に厚生労働省の指定した学校なのか」ということです。中には保育関係の学校だとしても、厚生労働省が指定していない所もあります。そのため、学校を選ぶ際は必ず確認をするようにしてください。

独学で保育士試験に合格する

学校を通わずに保育士免許を取る方法として、保育士試験に合格することがあげられます。保育士試験は年に1回の頻度で行われており、これに合格すれば保育士養成校を卒業しなくても同じ免許を得られるのです。しかし保育士試験を受けるには、いくつもある条件の中から最低一つは満たしていなければなりません。それは、大学を卒業していることであったり、高校卒業後に児童福祉施設で2年以上従事していることなどが含まれています。大学や専門学校の卒業資格については、保育に関係の無い学科だとしても合格資格を与えられますよ。

自分に適した取得方法を選ぼう

保育士養成校で免許を取得する方法と、保育士試験に合格して取得する方法はそれぞれ特徴があります。例えば、保育士養成校は長年学校に通う必要があり、学費も高くつきます。しかし、そのぶん確実に免許を取得できるという大きなメリットを持っていることが特徴です。一方、保育士試験で免許を取得しようとする場合、独学なので費用はかからないものの合格できる保証はありません。うまく行けば最短で免許を取得できますが、試験内容には実技も含まれているため、なかなか難しいでしょう。このように、それぞれ全く異なった面を合わせ持っています。自分はどちらの方法に適しているのか、よく特徴を比較して選ぶことが大切です。

保育園の求人情報を知りたいときには、保育士の求人サイトを利用することです、非公開求人についても知ることができ、役に立ちます。