これで眠気を撃退!夜勤のバイトを快適にこなす工夫とは?

集中とリラックスのバランスを適度に保つ

深夜バイトで眠気を払おうと、勤務時間中は全力で作業に集中し続ける人がいますよね。確かに集中力が持続している間であれば眠気は全く感じないのですが、その様な集中力を持続していられる時間はそう長くはありません。只でさえ生活リズムの中では就寝時間に当たる時間を無理に起きているのですから、ちょっとでも疲労を感じればそれがあっという間に睡魔に変わり襲いかかって来ます。これを防ぐ為にも集中すべきところは集中し、無理に集中しなくとも良い時間帯はリラックスするといったメリハリを設ける事が大切なのです。

作業中でも周囲の人とコミュニケーションを

どんなに疲労する作業であっても、周囲のバイト仲間を始めとした人々と頻繁にコミュニケーションをとる事により脳を刺激し、ある程度は眠気を防ぐ事が出来るものです。その際仕事関係の話だけでなく他愛の無い世間話や趣味に関しての話でもOK。作業自体に支障が生じないのであれば存分にこういった会話を利用して眠気を振り払うのがベストでしょう。もちろんその際は目立たぬ様に控え目な声でするのがベスト。作業をサボっていると思われては仕方ありませんからね。

屋内作業であれば任意で休憩を取り屋外で深呼吸を

最近の屋内における深夜作業も大変快適になりました。多くの倉庫や工場では品質保持の観点からエアコンを導入しており、快適な温湿度の元働ける様になったのです。ですがこの心地良い環境は返って眠気をもたらしてしまうケースも。こうなると眠気が本格的にならないうちに定期的な対策を取っておく事が大事ですよね。そこでよく使う手が、眠気を感じた時点で任意にトイレ休憩を取り、用を足すついでに施設の屋外に出て深呼吸を繰り返す事。外の冷たい空気を吸えば心身もリフレッシュし、もう少し作業も頑張れる筈です。

近年。ソーシャルメディアなどでコンビニのバイトによる事件が多発しています。冷凍庫の中に入った状態で自分を撮影したり、制服のままで行楽地に出歩いたり、企業のイメージを著しく落としてしまいます。