スムーズに職場になじむための第一印象を良くするコツとは?

挨拶は「バカっぽい」くらいでちょうど良い!

アルバイトの勤務初日って、身が引き締まる思いがしますよね。同時に「うまく務まるだろうか」「みんなと馴染めるだろうか」といった不安も、心に見え隠れするかもしれません。スムーズに職場に溶け込むうえで、まず大事になるのが挨拶です。学生時代に体育会系の部活を経験している人なら、元気の良い挨拶に慣れていることでしょう。しかし、そういう経験がない人のなかには、声を出してしっかり挨拶するのが苦手な方もいるかもしれません。「ちょっとバカみたいだな」と思うくらいハキハキと演じるのが、元気の良い挨拶のコツです。一回成功すれば簡単になるので、思い切って元気の良い人になりきってみましょう。

メモをとり、聞き役に徹して、しっかり質問する!

人間は、自分の話をしっかり聞いてくれる人に好印象を抱く傾向があります。ですから、アルバイトの初日にはメモ帳を持参するのがオススメです。同僚や先輩が何かを教えてくれるときは、さっとメモ帳を取り出し、ペンを構えます。これだけで「やる気があるな」という印象を相手に与えることができるので、コストパフォーマンスの高い人間関係のテクニックであるといえるでしょう。また、メモ帳を使うことで、実際に仕事を覚えやすくなるのも見逃せないメリットですね。

最初の失敗は許される!無理のないペースで着実に

最後にちょっとしたウラ技的な考え方をお教えしましょう。多くの人が、できるだけ高い評価を得ようと、初日から仕事をがんばる傾向にあります。しかし、あえて自分にとって無理のないペースに落とすのが、アルバイトの初日の姿勢としてはオススメです。なぜなら、良い所を見せようとして、最初から仕事のクオリティとスピードを求めようとすると、細部がおろそかになったり、先走りすぎて余計なことをしてしまう可能性が高くなるからです。それよりは、仕事を着実にモノにしていき、徐々に成長曲線を上昇させていく方が、結局は長く勤めやすくなります。焦ってばかりいる人よりも落ち着いている人の方が、周囲の人からも好印象を持たれやすくなります。

高時給のバイトでは、短時間でまとまった収入を得ることが可能なので、より効率的に稼ぎたい場合には大変魅力的です。